2008.08.18

【メモ】バイク整備

8/16 レブル(バイク)を整備。
オイル交換しただけ。

オドメータで前回24314kmで、今回25847kmだったので1500kmくらい換えてなかった。

距離もだけど1年半くらい換えてなかったのが良くなかったらしい。
フラッシングもした。
オイルフィルターがないことを知らなかった。
エンジンの調子が復活。

タイヤの空気圧も低かった。

チェーンは錆で換えた方がよいといわれた。スプロケ+工賃で2.5~3万らしい。
フロントフォークの駄目らしいがこれはほっとこう。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.22

【motoGP】フランスGP

今年のmotoは実に面白いです。
スズキが上位を走っていることがとても新鮮。

毎戦、勝つ人が違う展開で、カピロッシ、ペドラザ、ロッシ、メランドリ…うーん、目が離せない。

【以下はネタバレ注意】
今回はTV(地上波)の解説でもいってましたが前半と後半で全然別の戦いのようでした。
ロッシがいなくなった時はてっきりこのままペドラザが勝って今期2勝目か、と思いきやズルズルっと落ちてしまって結果は3位というなんともわけの分かんない展開でした。
ロッシ、中野はいい感じだったのに残念だなぁ。
J.ホプキンスも今期は調子がよさそうなんでこれからに期待したいです。スズキのマシンが戦闘力があるってここ数年では少なくともなかったのでとても面白い。カワサキも決勝での速さが感じられなのが惜しいけどマシン自体は仕上がっているようなので期待がもてる。カワサキやスズキが調子いいと見てて盛り上がりますね。

ペドラザ、ストーナー、ドプニエ、バーミュレン等に注目していきたい。
またJ.ホプキンスもまだ勝ったことがないし注目。

でもロッシが活躍しないと全体としてはダメだよ。ロッシの活躍が見たい!!のだ。


あと250ccでは表彰台に日本人が二人登るというこれまた面白い感じでした。地上波では中継をやらないので残園。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.11.01

【モトGP】最終戦もロッシ

今年のモトGPも終わりました。ロッシに始まりロッシに終わったという感じのモトGPクラス。その中には玉田の優勝2回というエピソードもあるけれどやっぱりヤマハに移籍して、その年にチャンピオンになってしまうなんて!ロッシ時代、といってもいい黄金時代を迎えたんじゃないでしょうか。ドゥーハン以来?かな
なんかの雑誌で書かれていましたがホンダからヤマハへの移籍の決断として「また同じ事をやるのがつらかった」「ホンダは1~3位を独占することが重要で7人の中の一人として走るのがいやになった」といったことを言ってました。今のヤマハでの人間関係は良好。だから少なくとも来年は走るとも。移籍する際にドゥカティも考えなかったかという問いに対しては「確かに少しは考えたがドゥカティだとヤマハよりもっと勝つのは大変だっただろう」とも言っていました。
でもずっと勝っていなかったヤマハでの勝利。そして今シーズンに限ってもヤマハの他のライダーを見てほとんど勝っていない事を考えるとロッシが飛び抜けているのが分かります。もちろんヤマハがロッシのために色々とやってきたからその他は、ないがしろ、といったら語弊がありますが「ロッシの他」という扱いだった可能性はありますけどね。
YZR-M1にしても、なんか別マシンと言っていいほどに変わったように見えます。シーズン序盤と後半ではまた違う挙動を見せていましたしRC211Vと比べて戦闘力が明らかに上がってきた印象があります。

来年はロッシはヤマハに残るだろうという事が確実だと言われていますが、その他の動向も気になります。ビアッジはワークス入り?ジベルナウもワークス入りが噂されるもののスポンサーの問題で難しい?等々。体制が明らかになってくると来年に対して想像がふくらみます。まー、ロッシがヤマハに移籍ほどのインパクトはないでしょうけどね。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2004.09.19

モトGP もてぎ

ついに決勝を迎えたモトGP ツインリンクもてぎ。前日の予選で玉田がポールポジションを取ったとニュースで見ていたので俄然期待の決勝でした。

今期はリオGPでも1勝しているし、今度は母国GPってことで期待大。

現地には行かずテレビ観戦でした。

1周目の第1コーナーからマルチクラッシュという波乱の幕開けになり、ビアッジなど中堅を堅めそうなライダーがいなくなりました。でもロッシ、ジベルナウというランキング1位と2位のライダーは残っているため、まぁいいかな?
前回、玉田が勝ったリオGPではロッシが転倒でいなくなるというアクシデントのあったGPだったので、今回は正真正銘、王者ロッシとのバトルになりそう。前回、早い周回からどんどんと引き離されるという展開だっただけに今回は、序盤からロッシに食らいついていく展開にありました。

途中、ロッシをパスしその後のリードを広げて1位フニッシュ。リオGPのような鮮やかな勝ち方で今期2勝目です。すばらしい。玉田がポイントを獲得してもランキング争いに関係ないないとはいえロッシを敵に回してのすばらしい走りでした。

すごかったのは中野の3位表彰台。カワサキは苦しいシーズンを送っていたので、なんともまぁ私的には初めて見るカワサキの表彰台。途中白煙を上げたり、金曜日はオイル漏れでトラブルが起きたりと「やっぱカワサキは…」という感じだったのですがいざ決勝で結果を出しました。

日テレの深夜にやっているMOBIという番組があるんですが、毎週見てます。ホンダの宣伝番組といってもいいでしょう。
V6の長野と中山エミリが司会者なんですが、スターティンググリッドにレースクイーンを押しのけて中山エミリがいました。ん~、さすがホンダの番組、入り込んでるなぁ。
番組にゲストで玉田が出演した際に、もてぎで勝ったら「焼き肉を食べたい」といって約束していたので、きっと番組で玉田が焼き肉を食う様が見られる事でしょう。
勝った瞬間、ちらっと「焼き肉いいなぁ」と思った私は庶民過ぎ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.09.06

【モトGP】ポルトガルGP

モータースポーツといえば、F1とかも見るんですが我が家ではなんといってもモトGP。
見始めたのは昨シーズンからなのでまだまだ観戦歴は浅いのですが4輪とは違う抜きつ抜かれつのデットヒートがたまりません。同じような理由で私はインディに代表されるアメリカンモータースポーツも否定しませんね。面白いもん。

私がバイクに乗り始めたのも、昨シーズンにモトGPを見始めてからです。

で、ポルトガルGPでは玉田誠が2位表彰台!リオでも優勝に続いて表彰台に登りました。ん~、おめでとうございます。
やっぱり日本人ライダーの活躍はいいもんですね。
昔は日本人ライダーが活躍していた時代もあったようですが、その時代を知らない私には今の玉田の最高峰クラスでの活躍は見てて楽しいものです。
1位はロッシ。
ロッシの天才的なライディングは何度見てもすごい、すごすぎる。ホンダからヤマハに移籍してこんなに勝つなんて世界中の誰もが予想していなかった展開だと思います。

バイクはそんなに詳しいってわけではないんで素人考えですが
ヤマハのマシンはどう考えてもホンダRC211Vに比べてアドバンテージがあるようには思えませんが、シーズン序盤の圧倒的な差からするとかなり詰めてきたように感じます。急速に熟成が進んでいる感じ。逆にホンダはロッシが抜けて、マシンの熟成に遅れを取っているように感じてなりません。進化のテンポが遅くなっちゃってるというのか、試行錯誤している感じがしますね。

玉田誠のサイト「たまやん.jp」
http://www.tamayan.jp
アットホームでいいページです。
ってか現在の日本人最高のライダーとは思えない手作り感あふれるサイト。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2004.02.24

【記事】ホンダ、50mLスクーターにまで燃料噴射エンジン

http://biztech.nikkeibp.co.jp/wcs/leaf/CID/onair/biztech/mech/292209
ホンダ、50mLスクーターにまで燃料噴射エンジン

日経BPの記事です。
うーん、ちょっと前までスクーターは2ストと相場が決まっていたような気がするんですがあっという間にすべて4ストになって今じゃTODAYもチョイノリも4ストですよね。
なんかカブだけって時代はあっという間に過ぎ去ってしまいました。

で、電子制御燃料噴射装置を原付にも採用するってことなんですね。既に車は電子制御になっていてキャブの調整も何もない世界ですが、バイクに関してはキャブレターが残っていてメンテしてなければグズるし、ってカワイイ世界だったんですがそれもなくなる…と。
世界初4バルブも採用ってことで、1気筒しかないのに4バルブ。素晴らしいというかなんというかある意味寂しい…燃費はどのくらい行くんでしょうか。実測で見てみたいところです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)