« 12/28 カート5時間耐久レース | Main | 朝青龍ウォッチ »

2009.01.08

VAIO TypeP発表

Atom Zシリーズを用いて相当な軽さと薄さを実現したVAIO Pがソニーよりリリースされました。
しかも価格帯が798000円~となっていてオプションをつけても10万円前半と思われ戦略的な価格となっています。

小さいという意味だけでいえばFujitsuのLOOX UやWillcom D3とかありますが、このVAIO Pはやはりネットブックへのアンチテーゼ……アンチではないかもしれないのでソニーの考える『小さいPC』を追求したらこうなったということでしょう。

形としては「キーボード」が大前提になっていて機構的には目新しいものはありません。
LOOX Uのように画面が裏返すこともできません。

現実的に使えるものを、考えられる限り小さい中に詰め込んでみた、ソニーらしいアプローチといえます。往年のC1を思い出します。

●ミニノート市場の行方
C1やリブレットで一時期、ミニノート市場を形成した横長スタイルが復活する兆しかもしれません。
キーボードの大きさはどうしても横長。16:9の液晶よりも横長なのでキーボードをメインに考えてフットプリントを削減しようとすると、どうしてもこういう形にならざるを得ません。
縦方向が長くなってしまうのはタッチパッドを載せることを選んでいる為で、このVAIO Pのスティック方式で市場が許してくれるのならこれがいいに決まっています。私としてはスティック式の方がよいです。スティックもタッチパッドも似たようなもので効率的に作業をしたい時はモバイル用のマウスを使います。これは個人の好みの問題ですね。

●スペックに死角は?
スペック的には問題はなさそうでメモリーも2GB積んでいるのでWindowsVista HomeBasicを使う限りでは問題ないでしょう。
そいういう意味でもネットブックの欠点、「ちょっと重い」「画面が小さい」「メモリも少ない」といった不満点をおおむね押さえていると思います。

●触ってみないと分からない点
キーボードがどの程度ブラインドタッチできるかどうかがまず気になります。
あとは日本ではいまだ多いと思われるCFやPCカードタイプの通信カードには対応できない点。
これはEモバイル等でUSBタイプの通信モジュールが増えてきているので今後は徐々に解消してくのでしょう。
ただ通信カードってそんなに買い換えるものではないのでVAIO Pを購入する際に引っかかる人は多そうです。
やはり最新の方法はBluetoothでしょうか。
Bluetooth搭載は歓迎でマウスだけに使うにしても何も接続しなくてよいのはモバイルノートとしては非常に便利です。

●価格面
値段ですが、これが最も大きなファクターかもしれません。
どんなによいものでもあんまり高いとため息ばかりで購入の選択肢にあがってきにくので。

比較するわけじゃありませんがVAIO Zは素晴らしいですけど高すぎます。
ネットブックよりはちょっと高い。Let's note Rシリーズよりは安い。しかしRシリーズも型落ちや中古の価格を考えるとVAIO Pのオプションつけた新品価格といい線に来ちゃうかもしれません。


●まとめ
シンプルで必要な機能(打てるキーボード)をこの小ささにきっちり収めてきて、しかも値段は戦略的。LOOX Uと比較してもキーボードが小さいけど持ち運びには便利。でもネットブックより明らかに高め、という中途半端さから、ぐっと現実的な線に入れてきたという感じでしょうか。液晶の解像度も相当に高いですがLOOX Pよりはピッチが高いので見やすいはずです。

きっとこれから記事も増えると思いますし店頭にも並ぶと思いますので試してみたいと思います!

|

« 12/28 カート5時間耐久レース | Main | 朝青龍ウォッチ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference VAIO TypeP発表:

« 12/28 カート5時間耐久レース | Main | 朝青龍ウォッチ »