« December 2008 | Main | February 2009 »

2009.01.27

初挑戦ハーフマラソン

2月1日に当面の目標だったハーフマラソンに初挑戦。
浦安シティマラソン。
ディズニーランドあたりを走ります。なんか見えるかな。景色がよいと距離も短く感じるんでなんか見えてほしい。

あまり真剣にやってないから初めて走ってから2年弱経ってますが最初は数キロで膝が痛くなって1週間くらい痛かったのに比べると少しは進歩した模様。

日曜はいつもの多摩川河川敷を走りましたが武蔵小杉から二子玉川に行って橋を渡り、また中原街道で橋を渡って帰ってきました。
多分15〜20キロくらい。
まぁタイムをあまり気にしなければ完走は出来るかな。そういえば足切りタイムはあるのか調べてなかった。
無茶しない程度に頑張ります。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.21

小浜市

LIVEで見ました。
就任演説。

宣誓がいきなり始まって拍子抜けでしたが。

内容は詰まってたこど一ヶ所つまむとしたらどこだろうなぁ。

あの熱気はなかなか理解出来ないものがありますが人種差別の国で黒人大統領というのは、まるでマンガかドラマのよう。

この大統領がこれからどう評価されるか分かりませんが、何かしらの時代の転換点にいることは間違いなさそうです。

私がキング牧師もケネディ大統領も知らないのと同じくオバマ大統領を見ることができるのは今の世代なんだな、と思います。

大統領制度がいいか悪いかとか別にして解説者の『政治が希望を失っていない国』という表現が的を得ていて、考えさせられます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.19

朝青龍ウォッチ

我が家は朝青龍の応援をしています。
今場所はひやひやする取り組みが多いですが場所前に不安説が出ていただけに盛り上がります。
やっぱり朝青龍にはカリスマ性もあるし、まだ活躍して欲しいです。(横審ちょっとうるさいよね)

NHKを生で見ていたのですが、昨日のゲスト解説は輪島と「デーモン小暮閣下」でした。
輪島さんは久々だったようで恐縮しまくりながら解説していてデーモン小暮閣下を「くわしいです」と立てながら話すのが、ほのぼのしていました。
奇抜な衣装が大写しになるとなんともいえない雰囲気に…アナウンサーが大真面目に「~閣下」と言うのが更にシュールでした。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.08

VAIO TypeP発表

Atom Zシリーズを用いて相当な軽さと薄さを実現したVAIO Pがソニーよりリリースされました。
しかも価格帯が798000円~となっていてオプションをつけても10万円前半と思われ戦略的な価格となっています。

小さいという意味だけでいえばFujitsuのLOOX UやWillcom D3とかありますが、このVAIO Pはやはりネットブックへのアンチテーゼ……アンチではないかもしれないのでソニーの考える『小さいPC』を追求したらこうなったということでしょう。

形としては「キーボード」が大前提になっていて機構的には目新しいものはありません。
LOOX Uのように画面が裏返すこともできません。

現実的に使えるものを、考えられる限り小さい中に詰め込んでみた、ソニーらしいアプローチといえます。往年のC1を思い出します。

●ミニノート市場の行方
C1やリブレットで一時期、ミニノート市場を形成した横長スタイルが復活する兆しかもしれません。
キーボードの大きさはどうしても横長。16:9の液晶よりも横長なのでキーボードをメインに考えてフットプリントを削減しようとすると、どうしてもこういう形にならざるを得ません。
縦方向が長くなってしまうのはタッチパッドを載せることを選んでいる為で、このVAIO Pのスティック方式で市場が許してくれるのならこれがいいに決まっています。私としてはスティック式の方がよいです。スティックもタッチパッドも似たようなもので効率的に作業をしたい時はモバイル用のマウスを使います。これは個人の好みの問題ですね。

●スペックに死角は?
スペック的には問題はなさそうでメモリーも2GB積んでいるのでWindowsVista HomeBasicを使う限りでは問題ないでしょう。
そいういう意味でもネットブックの欠点、「ちょっと重い」「画面が小さい」「メモリも少ない」といった不満点をおおむね押さえていると思います。

●触ってみないと分からない点
キーボードがどの程度ブラインドタッチできるかどうかがまず気になります。
あとは日本ではいまだ多いと思われるCFやPCカードタイプの通信カードには対応できない点。
これはEモバイル等でUSBタイプの通信モジュールが増えてきているので今後は徐々に解消してくのでしょう。
ただ通信カードってそんなに買い換えるものではないのでVAIO Pを購入する際に引っかかる人は多そうです。
やはり最新の方法はBluetoothでしょうか。
Bluetooth搭載は歓迎でマウスだけに使うにしても何も接続しなくてよいのはモバイルノートとしては非常に便利です。

●価格面
値段ですが、これが最も大きなファクターかもしれません。
どんなによいものでもあんまり高いとため息ばかりで購入の選択肢にあがってきにくので。

比較するわけじゃありませんがVAIO Zは素晴らしいですけど高すぎます。
ネットブックよりはちょっと高い。Let's note Rシリーズよりは安い。しかしRシリーズも型落ちや中古の価格を考えるとVAIO Pのオプションつけた新品価格といい線に来ちゃうかもしれません。


●まとめ
シンプルで必要な機能(打てるキーボード)をこの小ささにきっちり収めてきて、しかも値段は戦略的。LOOX Uと比較してもキーボードが小さいけど持ち運びには便利。でもネットブックより明らかに高め、という中途半端さから、ぐっと現実的な線に入れてきたという感じでしょうか。液晶の解像度も相当に高いですがLOOX Pよりはピッチが高いので見やすいはずです。

きっとこれから記事も増えると思いますし店頭にも並ぶと思いますので試してみたいと思います!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2009.01.05

12/28 カート5時間耐久レース

年末年始は妻の実家に引きこもっていたのでネットから離れてました。
さてさてまとめて更新。

年末恒例のカート5時間耐久レースに出場してきました。

結果からいうとビリということで来年に課題を残す内容となりました。
がっくし。

今年は、あるチームの皆様と合同で2チーム体制で出ました。
1号チームと2号チームに分けたのですがエースを1号チームに、あとのメンバーで2号チームを編成しました。2号は私含めて4人。1号は5人です。
エースを欠いたことで、戦力減は否めなかったものの、私自身のレースペースもかなり遅く冬だからか滑るマシンに対応できず良いラップペースを刻むことが出来ませんでした。
全体的にもレベルが高く苦しい展開でした。

頑張ることは頑張ったんですけど最後まで糸口をつかめず。
メンバー4人もそうだと思います。
ピットもミスったしなぁ…。

対して1号チームは優勝でした。最終的には同一ラップでのゴールだったので5時間走っても1周も差がつかないということですね。

来年は、どのカート場のレースにどの程度出るか決めていませんが、何年もやってるしレベルアップを図ってうまくなりたいです。

アップルフォーミュラランド
http://apple.iiis.ne.jp/top.html

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« December 2008 | Main | February 2009 »