« April 2006 | Main | June 2006 »

2006.05.31

銀座の朝

やべ〜、遅刻する〜と思って現地についたら1時間はやかったczaです。
集合時間を間違えたとかではなく単に早く行ってしまっただけです。
みなさま今日もお元気でしょうか。


しかたないので喫茶店へと思いましたが朝の9時に銀座であいてる喫茶店はなかなかありません。

探したらドトールが。
ありがてぇ。やっぱドトールいいね。

結局言いたいのはドトールをほめたいだけです。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【F1】キミは裸イコネン【裸祭】



さてもうネタバレ有りでもよいでしょう。

モナコウィークが終わりました。

ミハエルのストップが故意だったかそうじゃなかったかはどうでもいいです。

見せてくれました、我らがライコネン。
酒乱の噂が絶えず、最近のF1界においてその面で無敵のライコネン。

今度はリタイアしてピットにも戻らずクルーザーで「裸」。
レース中にも関わらず、裸祭!!
0.001秒を争う世界から一転パラダイス!

ちょ~いい身分じゃん。ってか今までそんなドライバー見たことねぇっす。

あとで怒られるんじゃないの?とかセコいことを言ってはいけないのです。

興味本位半分ですが、実際どうなんだろうというのも半分。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

2006.05.30

都内でバイクに乗るのは困難になるか。

http://arena.nikkeibp.co.jp/col/20060529/116882/

道交法が改正されて民間に駐車違反の取締りが委託されるらしい。

バイクに乗っていて一番思うことは、「バイクを停める場所が無い」ということ。

そもそも「バイク用有料駐輪場」ってほとんどみたことがない。
これからバイク駐輪場の設置が義務化されるらしいけど、どうなることやら。

道交法が改正されて駐車禁止が即アウトってことになると
バイクでの都内乗り入れは絶望的だ。一体どこに停めたらいいの?


駐車する場所が無いからクルマ用の駐車場に行ったら「バイクは駄目だから、あっちなら置けるから向こうに置いて」といわれた事がある。でもその人が駐車違反の責任まで取ってくれるわけじゃない。心もとない事この上ない。

クルマよりスペースを取らないバイクは都内のような込み合った場所なら効率が良いと思うのだが現状だとクルマ用の駐車場に同じ料金を払って置くことになるかもしれない。クルマ1台分にバイクなら2台停められるのに。(まぁバイクの大きさによりますが)

「駐車場」というとクルマ、「駐輪場」は普通は自転車、じゃあバイクは?
まずは用語から作ったら良いと思う。「駐バ場」「駐二輪場」「駐自二場」?

道交法って問答無用でどんどん改悪されていくなぁ…国民の権利を不快議論無しに一番(か分からんが)制限している法律だと思う。

| | Comments (1) | TrackBack (0)

2006.05.29

違和感のある広告表現

女性誌の見出しにはモデルの名前を使って「○○さんがお手本!春の着こなし1週間」といった表現を目にする。

自分とこで用意したモデルなりタレントを「さん付け」 するのは違和感があります。

これが取材対象というのであれば「〓〓評論家の〓〓さんに聞く何とか特集」となり、納得がいくが自前のタレントをさん付けするのは、ともすれば読者心理を逆手に取った、やらせ的表現ではあるまいか?

少年ジャンプの〓〓先生に応援の手紙を書こうというのも変。自分とこの作家に先生付けるかねぇ?


どの表現が正しい言葉なんでしょうか。
私が感じた違和感はただしいのかな?

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.25

新人さんがきたら考えた

うちの部署に明日から新人さんが研修にやってくる。今日会ったが、なるほど初々しい。


もう、会社入って7年かぁ。
やり残した事も多いし、いまだ到達できてない事も多い。


新人さん、若いのは当たり前だが、やる気がすごい。
もしかしたら自分もオジサンらしい大人の「諦め」 みたいな思考が出てないか?反省しなくちゃ。

多少なりの経験も積んできてある程度保守的というか惰性で仕事をすることも出来るようになった。

いかんいかん。

新たな成長を考えるというと大上段だが(日々考えているわけだし)やっぱ日常的な心がけを新たにしたいと思う。


プロフェッショナルとは?という問いに誰かが答えていた。
私は「甘えず成果を出すこと」と思ったのだが、その人の答えは「期待に答えること」
私の考えは、ひとりよがりかもしれない。期待に答える、とてもいい答えだと思った。
こんなひとつの使い古された質問でも考えさせられる。

実行は思うより難しい。

これを読んでくれた方も、たぶん自分の過去未来を考えたり長い目標を立てようと思ったりするタイミングはあると思います。あるかな?
一遍に考えて舵をサッと切る人も、毎日努力をしていつのまにか達する人も色々いるとは思いますが、私には今が良いタイミングなんでしょう。

ポジティブに。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.22

Amazonアフィリエイトを貼ってみた

アフィリエイトで儲けたい!というのではありませんが。

今さらですがWeb2.0が盛り上がっている昨今、アフィリエイトの経験すらないのはいかがなものかと思い、随分と前に登録したamazonのアフィリエイトリンクを貼ってみました。
これ、Blogの中で体裁を合わせるのがなかなか難しい。
ちゃんと組み込んでいる方はすごいなぁと思いました。
Blogもだいぶこなれてきて最近はどのサイトも凝ってるなぁと思います。
苦労してHTMLを書いていた時代が懐かしいなぁ。

もちろん今でもHTML書いてサイト作りますけどBlogで用が足りる事が多いです。
Blogの欠点としては情報が一過性で「蓄積」には向いていないのではないかと思う事。RSSばかり追いかけていると視野狭窄に陥りそうです。

Blogに次に流行るのは何だろう?Web2.0で言われているように双方向性でしょうか?もうひとつ切り口として「蓄積」が上げられると思います。BlogのTBも情報の塊を形成していくという点で蓄積かもしれませんがもっとビジュアライズされたものがありうるかなと思います。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

【motoGP】フランスGP

今年のmotoは実に面白いです。
スズキが上位を走っていることがとても新鮮。

毎戦、勝つ人が違う展開で、カピロッシ、ペドラザ、ロッシ、メランドリ…うーん、目が離せない。

【以下はネタバレ注意】
今回はTV(地上波)の解説でもいってましたが前半と後半で全然別の戦いのようでした。
ロッシがいなくなった時はてっきりこのままペドラザが勝って今期2勝目か、と思いきやズルズルっと落ちてしまって結果は3位というなんともわけの分かんない展開でした。
ロッシ、中野はいい感じだったのに残念だなぁ。
J.ホプキンスも今期は調子がよさそうなんでこれからに期待したいです。スズキのマシンが戦闘力があるってここ数年では少なくともなかったのでとても面白い。カワサキも決勝での速さが感じられなのが惜しいけどマシン自体は仕上がっているようなので期待がもてる。カワサキやスズキが調子いいと見てて盛り上がりますね。

ペドラザ、ストーナー、ドプニエ、バーミュレン等に注目していきたい。
またJ.ホプキンスもまだ勝ったことがないし注目。

でもロッシが活躍しないと全体としてはダメだよ。ロッシの活躍が見たい!!のだ。


あと250ccでは表彰台に日本人が二人登るというこれまた面白い感じでした。地上波では中継をやらないので残園。。。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.05.21

【共謀罪】このまま成立していいとは思えない

http://www.jlaf.jp/iken/2004/iken_20040115_02.html
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%B1%E8%AC%80%E7%BD%AA

過去の『治安維持法』という汚点を思い出す。
密告社会となる。
違法性のない組織の「共謀」が犯罪となるおそれがある(労働運動など)←法案にも書いてありますけどね

基本的人権が侵される可能性のある法律なので、まだ納得がいかない。

また「国際社会にあわせて」という論調も気に入らない。
国際社会が望めば憲法9条がある国が軍隊を海外に派遣していいのか?共謀罪を取り入れていいのか?

議論が浅すぎる。
少なくとも今の法案について見る限り、このまま成立させていい法律とは思えません。

気になる部分、Wikiより引用-------------
国連条約が繰り返し明示している「金銭的利益その他の物質的利益を得ることに直接又は間接に関連する目的のため」という限定を、政府提出の共謀罪(案)が取り去ったことで、条約の範囲を逸脱しているということである

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.20

DELLがAMDのCPUを採用

http://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0519/dell.htm

DELLがAMDのOpteronをサーバ製品に採用することを発表した。

かねてから採用するのではないか?という噂はあり、時間の問題だといわれていたがそれが現実になったということだと思う。

DELLはIntel製CPUしか採用していないということで有名で、積極的に採用しているhpと比較される事が多かった。
但し今回はサーバ製品のみでの話。デスクトップには言及していない。

ということは
・IntelのCPUだけを採用するメリットが薄れた。
・AMDのOpteronが無視できない(IntelのCPUでは代替できない)ほどの勢力をもってきた
の2面がある思われる。

もしDELLがIntel CPUのみを扱うことを確約することによってIntelから何かしらの利便を受けていたとしたら、それが薄れた可能性がある。もしくはそのメリットがなくなってもOpteronを採用しないことにリスクがあるという判断だろうか。

DELL製品は以前に比べて魅力が薄くなったと思う。
・価格面でhpの安売りノートPC等に負けている
・しかもそれほどの品質の差は感じない
・PCの能力が底上げされてきてどのPCを選んでも性能的にそこそこ問題がない
・デザインはもともとイケてない(と私は思う)

・家電に色気を出すなど本業と離れたところから利益を出そうとしているように見える

要は顧客が魅力を感じるポイントにDELLは刺さってこなくなってきているのではないかということ。

直販によるメリットと、少品種大量生産によるコストメリット、これは実は微妙なバランスにあるんだなぁと思いました。

| | Comments (0) | TrackBack (1)

2006.05.16

緑の匂い

毎年この季節になると匂う緑の匂いの原因はなんなんだろう?
プールの塩素の臭いに思えて仕方ない。


「草いきれ」というらしい。


子供時代には記憶にないのだが。

誰か答え教えて〜!

| | Comments (0) | TrackBack (0)

2006.05.10

富士山周辺ドライブ

Blogとは日記とみつけたり…。
とかいってないで忘れないうちに書いておこう。

1泊2日で、富士山周辺に行ってきました。
いきあたりばったりだったけど楽しい旅に。

東京から中央高速に乗って河口湖ICで降りる。

★富士山5合目までのスバルラインドライブ
20060505_007_1


5合目に行く前に奥庭自然公園ってところに寄り道。
写真はその時撮ったもの。
確か5合目はお弁当を広げるようなスペースがあまりなかったかなぁと思っての寄り道です。

5合目では馬に乗りました。
富士登山をした時はにっくきライバルだった馬ですが、なかなかのもんです。
でもジーンズが臭くなったので要注意。

★山中湖周辺ドライブ

★フレンチなディナー
これもいきあたりばったりで入ったレストランだったけど
とっても美味しい食事。
でも名前が思い出せない。

★ペンション栗の木の下」に宿泊
GWの繁忙期にもかかわらず電話したら部屋が取れた!
食事は出来なかったけどいいペンションでした。
また行きたい。
http://www.yin.or.jp/user/kurinoki/

その辺のお店で買ってきたワインがおいしくなかった。
リベンジの心が働いたのか翌日ワインセラーに寄ることに。
勝沼ワインはまずい、という印象は翌日払拭される。

ここで宿泊

★ワインセラー忍野
http://www18.ocn.ne.jp/~w-c-o/top.htmlふらっと寄ったのだが面白いワインセラーだった。
アジロンという栽培が難しいらしく今ではあまり生産されなくなったブドウ品種を使ったオリジナルのワインを売ったりしていた。
富士湧水ワインは湧水(12度らしい)に寝かせて熟成したワインらしい。

お土産に2本買った。
1本は泊まった「栗の木の下」の名前を冠した富士湧水ワイン。
もう1本は「錦城ワイン(赤)」

家に帰って錦城ワインを飲んでみたが、これはおいしかった。

★忍野八海
http://www.vill.oshino.yamanashi.jp/8lakes/main.html行った事なかったんですが行ってみたら観光地って感じで。
富士山の湧水をまじまじと見たのは初めてでした。
こういうところで見られるもんだったんだ。

20060506_010

写真は御釜池

★富士山レーダードーム館
道の駅富士吉田にあるドーム館。
真剣にクイズに挑戦してみました。
マイナス6度の室内で風速13mを体験しました。
空いてたけど面白かった。

★洞窟探検
コウモリ穴と氷穴。
コウモリ穴は、なんとなく中途半端っぽいところまで。奥にはコウモリが住んでいるんだろうか。天井も低く洞窟感はある。
氷穴は氷あったけど短い。

GWだけど渋滞に引っかかることもなく帰宅。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | June 2006 »