« もーれつに感動 | Main | 仕事上での小ネタ »

2006.03.06

【先天性耳瘻孔】医者による違い

長いけど結論としては「医者はちゃんと選んでいきましょう」という話。

血に弱い人は読まない方がいいです。

1週間ちょい前から「耳瘻孔(じろうこう)」が腫れて膿みました。
病気の説明しても仕方ないので割愛するけど、耳に傷がありバイ菌が入ると腫れたり膿みやすくなったりします。


痛いので先々週の金曜日に会社近くの耳鼻科に行きました。
結果、化膿止めと鎮痛剤(センブロンとロキソニン)をもらって治まるのを待つことに。この医者は次にいつ来いとも言わなかったし何だかなぁ…
で薬は飲み尽くして腫れもひかないんで次は金曜日に会社の診療所に。おじいちゃん先生にいきなり「手術しなさい!」と言われる。
んなこたー分かってますよ。産まれた時からの付き合いですからねぇ。それを手術しないでなんとか来たんだからしたくないのは患者の気持ちというもの。言ってることは正論で間違ってないんですが、これが大病院での診察なら…ねぇというとこでして、もし手術するとしても診療所であるここでは出来ないわけです。納得性がない。とりあえず化膿止めと鎮痛剤貰って撤収。

土日は旅行でした。薬が効いてるから元気無し。
状況も改善せず。いよいよいかんな〜ってことで10数年前にも診てもらったことのある耳鼻科に行きました。

即、切開。
「なんでこんなになるまでほっといたの?あ、いやどっかで診てもらってたんだろうけど」と。
私もそう思ったから今日来たわけです。

麻酔はしたんだけど、なにせ頭。猛烈に痛い。
麻酔も注射針を刺すだけで激烈に痛い。
我慢すると麻酔で気分が悪くなるかもだからとベッドで横になる。

切開されたが
痛い痛い痛い痛い痛い痛い!!

今までのどの手術より痛い。診察室でギャーとかウァーとか叫びまくり。
膿と血が飛び散ってスーツにまで付いてしまってションボリ…。ベッドや壁にも戦いの後が(笑)


だいぶ楽になりました。この治療を求めていたんですよ。

医者曰く、このくらい膿を取らないと薬も効かないらしい
しかも頭だからどっからか体に入って髄膜炎にでもなったら一大事。
切ったからまた悪くなると思うのでまた来なさいってことで終了。

患者がこんだけ痛がってもちゃんと切るのがすごいなぁと思いました。まぁ外科なら当たり前か。
あくまで素人の推測ですが耳鼻咽喉科はあまり外科処置をしないのかな?慣れてない先生が多い、ってことはないだろうか。いまはまさに花粉症の季節。きっと忙しいだろうし。

|

« もーれつに感動 | Main | 仕事上での小ネタ »

Comments

おじいちゃん先生の対応は非常にまともだと思うのだが、なぜ「医者はちゃんと選んでいきましょう」になるのかさっぱり。
おかしいのはあなたじゃないの?

Posted by: 通りがかり | 2009.06.20 10:38 AM

文章が紛らわしかったですね。おじいちゃん先生の対応は悪くないです。至極まともです。
悪かったのは最初の先生です。その対応の間に悪化したのです。

Posted by: cza | 2009.07.13 10:17 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 【先天性耳瘻孔】医者による違い:

« もーれつに感動 | Main | 仕事上での小ネタ »