« AIBO,QRIO撤退 | Main | やっぱ有線マウスだ! »

2006.01.29

偽装マンションに違法ホテル

偽装マンションに今度は違法ホテル。

東横インのことです。

どちらにも共通するのはコストダウンだと思う。
無理なコストダウンが違法にまで突っ込んでしまった。

景気が回復局面にあるといいますが不況のツケ、こういうことは今後も出てきそうです。

コストダウンは悪いことばかりではないので事件が今後続発して議論が逆の方に傾いてしまうのはいけないと思いますがやるすぎは何事もよくないなぁと思う。

直接関係ないけどライブドアの一件も根本的には似たようなところがある。
規制緩和が叫ばれて久しいですが、ライブドアが証券市場を席巻?した拝啓には、「証券取引手数料の自由化」(1回の取引がしやすく)「株式分割の自由化」(1株の値段を下げて買いやすく)が背景にあります。
ライブドアは「虚偽の報告」が罪になっておりますが、株式を分割したことや株式交換で買収したこと自体は別に罪ではないわけです。

規制緩和等による自由な市場への方向性にともなって、「管理」しないけど「監視」はする、という状態を作らなければいけないはずです。
監視のやり方がまだまだ下手。

ビジネスホテルの値段も一時期に比べて下がりましたよね。激しい競争と業界の努力の賜物ではあるんですが、違法性のあることに関して監視と警告ルールが必要だと思います。規制を緩和した直後はルール未定のため、どこまでが合法でどこからが違法か判断が難しいこともあろうかと。
合法だと思っていたら、やっぱ違法?みたいな。気づいたら犯罪者になってたみたいな状況はあるわけで企業ガバナンスからいったらそれこそがリスク、みたいなことにならないで欲しいわけです。

モラル、とは便利な言葉ですが、要は「常識的な範囲」をどこに置くかということです。

さて、浅はかな知識で書いてるので正しいかは、分かりませぬ。

|

« AIBO,QRIO撤退 | Main | やっぱ有線マウスだ! »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11801/8396832

Listed below are links to weblogs that reference 偽装マンションに違法ホテル:

« AIBO,QRIO撤退 | Main | やっぱ有線マウスだ! »