« 電車男 | Main | スノボ »

2005.03.19

氷の上の芸術[ 世界フィギュア]

面白い

フィギュアは結構好きだからよく見てますが荒川以後何故というくらい層が厚くなってジュニアから安藤が上がってきて見てて楽しくなってきた
去年の荒川はかなり美しかったしなぁ

安藤もなんか人気急上昇のようですが表現力が上がってきて幅が出てきた感じがする。勢いは一番あるしトリノに向けて期待ふくらむねー

何故日本フィギュアがここまで強くなったかについて特集でやってたのを見たことがあるけど基本的には数を集めて選別し徹底的に教育、世界のプレッシャーに打ち勝つには数と層の厚さが必要、ということらしい
その結果の最初が荒川であり安藤らしい
メダル独占の為にはかえが必要、プレッシャーを分散して各選手が実力を全部発揮出来るようにする、という事か

これまで日本のスポーツ選手は注目されて騒がれるとプレッシャーに負けちゃうなんて言われる事が多かったけどある意味いまのフィギュアの体制はそれも見越して対応してるって事なのかもしれない

でも最近は他の国が逆に不作な気もしますが…

あとは日本も男子がもうちょっとと、あ、織田が出てきたね、あとペアとかアイスダンスでも強くなって欲しいな。そうしたらもっと広くフィギュアを楽しめるようになっていくと思う。
アイスダンスって見てて優雅でいいんだよねぇ


にしても
安藤美姫をみてると「かわいい小池栄子」な気がしてくるんですが失礼ですか?

|

« 電車男 | Main | スノボ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 氷の上の芸術[ 世界フィギュア]:

» 安藤美姫関連のトラックバックセンター [ブログニュース速報@トラックバックセンター]
フィギュアスケートで活躍する安藤美姫に関連するトラックバック 【プロフィール】 安藤美姫(あんどう みき) 所属:オリオンクラブ、中京大付属中京... [Read More]

Tracked on 2005.03.21 02:21 PM

« 電車男 | Main | スノボ »