« Nintendo DS 3 | Main | 武道館de自衛隊 »

2004.11.20

キーボードの選び方

よく書く話題なんですが。
そんなパソコンを使おうがなんだろうが一番重要な、入力機器。そのわりにはコスト削減の犠牲になる部分ですね。
友人と話していて、気づいた事があった。「今までノートパソコンしか使った事がないからデスクトップのストロークの深いキーボードには馴染まない」と言うもの。
まぁ当然に話なのだが、私には示唆に富んでいた。
キーボードの価値基準をどこに置くかという問題があるのだが、一番重要なのは
・いかに速く入力する事が出来るか
結局、効率の問題だと思う

日々キーボードを打ってるが同じキーボードを使っているのに妙に打ちやすい日と打ちにくい日がある。打ちにくい日は苦痛が多いし打ちやすい日はさらさらと文章が書ける。この差は気分的な事も含めて大きな差があると思う。

私はフルキーボード(106/109キーボード)が好きだ。テンキーも含めてすべてのキーが揃っているもの。英語版ではなく日本語キーボード。数字を打ち込む時に横並びのキーを押すのは面倒だしテンキーがあると嬉しい。
いま会社で使っているのはエレコムのフルキーボード
http://www2.elecom.co.jp/products/TK-U12FY.htmlキーピッチ19mm。安物キーボードの中ではキータッチが許せたので購入しました。

ただこの意見のベースになっているのは「最初に使って慣れたのが106キーボードだったから」という理由が大きいように思う
。ノートパソコンのペラペラのキーボードが最初だったらそういう意見にはならなかったかもしれない。

多くの人がキーボードはThinkPadがよいと言います。
確かにThinkPadのキーボードはどの機種をとっても腰のある鍵打感があり非常に優秀だなぁと思います。なによりほとんどの機種が一定のレベルを超えていると言う事。よっぽど開発方針がしっかりしているか、こだわりがないと維持できない事です。
この為だけにThinkPadにしているという人もいるくらいですし。

私が前に使っていた東芝のDynabook S4(現在はS6かS7が最新機種)は非常に良いキーボードでした。ただし東芝のキーボードが全部良いかと言われると全然そんなことはなくて、非常に嫌いなタッチのキーボードを備えた機種もありますし、そもそもDynabook SX(Sシリーズが薄さにこだわったので実用性に欠けた為、Let's noteみたいに厚い機種)のキーボードは全然好みじゃありません。
質を一定に上げるのって大変なんだろうなぁ。
Let's noteも一部では評価が高いようなんですが、私はあまり好きじゃない。

高級なキーボードが良いかと言われるとそんな事でもなくて、店頭で触ってみるのは必須で、それでも最終的には分からなくて買ってみて使ってみないと馴染むかどうか分からないんですよねぇ…

今日、久々にThinkPadのキーボードを触ってみたんですがハッとするほど良かった。

今度キーボードを探す時は、今まで見向きもしなかった薄型やミニサイズキーボードも触ってみてよさそうなモノを探してみようと思います。

|

« Nintendo DS 3 | Main | 武道館de自衛隊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference キーボードの選び方:

« Nintendo DS 3 | Main | 武道館de自衛隊 »