« シリアルATAのHDDを買った | Main | 鈴木義司さん »

2004.08.09

シリアルATAのHDDを買った 2

引き続き、設定作業。
ドライバを読み込まないとWindowsのインストールが出来ないのは分かりました。

まずはシリアルATAのHDDだけを繋いでインストール作業。
これでひとまずインストールは出来ました。

次はこれまでのUltraATAのHDDとの共存です。現在、私のPCには3台のHDDが接続されていたのでそれらをサブに回して、シリアルATAのHDDから起動するようにしたいのです。

1台のPCにHDD4台というのも多すぎる気がしますけど。

しかしこれがうまくいきません。セットアップは終わったもののIDE周りのドライバがうまく動かず(読み込まず)組み合わせによっては落ちてしまったり。
おかしいなぁと思って観察してみると起動時にBIOSでOFFにしているはずのRAID BIOSが起動してエラーを出しているのに気づきました。
これはBIOSの問題かなぁ。

GIGABYTEのサイトに行って最新BIOSを探してみると、現在のBIOSのバージョンがF8なのに対してF10というBIOSが出ていました。しかも「シリアルATAのRAID関連を修正」と書いてあります。これは期待が持てる。
ということでBIOSのアップをしました。
以前(かなり以前か…)に比べて、わざわざ起動するFDDを用意してFLASHユーティリティとBIOSをコピーしてという手順はいらず、GIGABYTEが用意している「@BIOS」というソフトを使ってWindows上からアップデートをかけることが出来ます。かなり楽。

これにてBIOSのアップが終わり、再度気を取り直して、Windowsのインストールからやり直し。
でもこれによってIDE周りのドライバも正常に読み込んでいるらしく怪しい動きはなくなりました。さらに既存のUltraATAのHDDとの共存もうまくいきました。

ちゃんとシリアルATAのHDDから起動して配下(?)にUltraATAのHDD3台を認識しています。
1stドライブ :200GB
2ndドライブ:120GB
3rdドライブ:80GB
4thドライブ:80GB
合計、480GBのストレージを積むことに成功しました。別に成功してどうってことはないんですが、ちょっと多すぎる…。なのでどれかのHDDは退役させて別のマシンに組み込んであげようと思います。

ふぅ…新しいことやろうとすると何かしらトラブルものですね。

|

« シリアルATAのHDDを買った | Main | 鈴木義司さん »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference シリアルATAのHDDを買った 2:

« シリアルATAのHDDを買った | Main | 鈴木義司さん »